TYO magazineトーキョーマガジン

Archive

 

rss 2.0

Editor's Eye : February 1, 2017 @ 02:01

ラッキー7で創刊7周年よ!



“トーキョーローカライズ”をコンセプトに、
音楽、ファッション、アート、映画、政治などなどを中心に、
超独断と超偏見でさまざまなカルチャーをご紹介している
幣誌『TYO magazine/トーキョーマガジン』が、
たったいま、この時間、2016年2月1日2時1分をもちまして、
ホントにムダに創刊7周年をむかえました。


いつもご解読?ご購読いただきまして、
マコトに、マコトにありがとうございます!

腹ばいギリギリのスレッスレ低空飛行で、
ナンとかカンとか7年目をむかえるコトができました。


アレもコレもソレも、
いつもワタクシの超個人的趣味活動を応援していただいている、
読者の方々、そしてさまざまなクライアントの方々、
みなさま全員あってこそのお陰だとおもっております。
本当にありがとうございます!


もう毎年、コレについては書いてはいますが、
「WEBメディアは個人メディアである!」とイキがってはじめて7年、、、
いまだ日本でのブロガー カルチャーは定着していないですな〜ぁ(笑)。


「信念のご挨拶 2017」では、
昨今のキュレーションメディア帝国崩壊について言及しましたが、
メディア過度期の時代、
やはり”オリジナリティのないものは、オリジナルに淘汰される”とかんがえます。

この『TYO magazine/トーキョーマガジン』では、
オリジナルコンテンツ、いやむしろオリジナルインフラを築きつつ、
自分自身がオモシロいと思える、
さまざまなモノゴトをコレからもみなさまにご紹介していきますので、
なにとぞ、ひきつづきごひいきのほど、よろしくお願い申しあげます!


また、同時に2017年10月で12年目をむかえる、
日本のいい音楽をご紹介するプロジェクト『Japanese Soul』、
フリーランスでの編集&ライター業、
ラジオのDJ/選曲業、司会業、
企画制作業、ナンでもカンでもディレクション&プロデュース業などなど、、、
さまざまな個人的活動の方もひきつづき「メディア」をキーワードに、
2017年も”クダらないことをホンキでやる”精神で、
マジョリティには見向きもせずに疾&走していく所存ですので、
超個人的活動の方も、
おたのしみいただければ幸いです。

あ、お仕事のご相談はお気軽にドーゾ!


そんなこんなでラッキー7となる今年。

おそらく、ナニかイイコトが、、、
おこらないとはおもいますが、
いつもどおり、応援、ご指導、ご鞭撻、鞭打ちのほど、
なにとぞよろしくお願い申しあげます!




『TYO magazine/トーキョー マガジン』編集長
カネコ ヒデシ



Comments are closed.

Trackback URL