TYO magazineトーキョーマガジン

Archive

 

rss 2.0

ブラインドからのぞき見た世の中 : October 31, 2017 @ 18:53

ブラインドからのぞき見た世の中 VOL.192『選挙で占拠』



えー、さてー、『衆議院議員総選挙』、、いろんな意味で終わりましたねー。


結果は、火を見るよりもあきらかで、自民党の大勝でしたな。


それにしても、今回の選挙の野党における敗因は、
やはりまとまりの無さ?なんでしょうかね。

まあ、枝野っちの立憲民主党くらいすかね、まともに見えるのは。。

あとは、社民か??
いやー、やはりドレも小粒で、芯が無さすぎて、
選びようがないですよ、アレじゃあ。

コイケッチ新党も、
公約(マニフェスト)自体が悪かったワケではないと思うのですが、
どうもうさん臭さがw。

党内に良いヒトがいなすぎと、
崩壊した民主党とのよく分からない協力体制といい、
とにかく治められるリーダーがいなすぎですね。

まあ、その結果が今回の自民圧勝ということにどう繋がるのか、
なんとも分からないですが。。。


しかし、安定感だけだけで選ばれたのだったら
彼らの公約を見ていないってことになりますよね。

コレから戦争が出来る国に成りうる政策、憲法改正だったり、
直接、国民である自分たちに被害がくる政策をぼんやり掲げているワケです。

国民に負担がデカイ政策ばかりを提案するあの党に、
なぜそんなに支持するヒトがおおいのか。。。

個人的には、まったくもってナゾすぎです。


ちなみに、選挙前はあれだけ来ていたキタの国からの贈り物も、
選挙中はほとんど来ないワケですよ。

選挙中は、
アノ国の脅威ばかり口にしていたアベちゃんですけれどね。


気になる投票率といえば、
投票日が台風とブツかったというのもあって、
期日前投票の投票者は増えたようですが、
フタを開けてみれば、投票率も戦後下から2番目の低さだったとか。

政治に興味がなさすぎですな。

アリすぎても、ナサすぎは、ちょっとどうなのかなと。

なかなか政治に対して、
気軽に口を開けない状況になりつつある傾向も、
なんとなく気になっている部分ではありますけれどね。


それにしても今回の衆議院選挙。

まさに自民党が国会を占拠したといっても過言ではない、
とワタクシは思ってしまいましたが、
みなさんはどのように考えましたか?




ecke「ACCESS」



旅路 良



Comments are closed.

Trackback URL